ブランディングとマーケティングはどちらが先?両者の意味や関係、取り組み方のヒント

ブランディングとマーケティングはどちらが先?両者の意味や関係、取り組み方のヒント

「ブランディングとマーケティングは、どちらを先にすべきなのか」<b 企業の中でブランディングやマーケティングに取り組んでいて、このような疑問を抱いたことはありませんか。

日常的にROIに追われているマーケティング担当者にとっては、もしかしたらブランディングよりもマーケティングの方が目下の重要事項かもしれません。しかし、長い目で見て顧客から選ばれるブランドに育てていくためには、マーケティングを含む全ての企業活動が「ブランドコンセプト」という基盤の上で行われるのが理想です。

この記事では、その理由について詳しく解説していきます。ブランディングとマーケティングの違いや両者の関係などについても整理して紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティングに関してよく聞かれる声の一つに、「両者の違いが分からない」というものがあります。ブランディングやマーケティングに長く携わっていても、両者の違いを言語化して説明するのは難しいという人も多いかもしれません。

そこでその違いを理解するために、まずは「ブランディングとは何か」「マーケティングとはどのようなことなのか」を整理しておきましょう。

ブランディングとは…ブランドイメージを確立するための活動のこと。ブランドの価値を人々に伝え、企業側が望む通りのブランドイメージを作り上げていく。
マーケティングとは…商品が売れる仕組みを確立するための活動のこと。世の中の顕在的・潜在的なニーズを探り、それに合った商品を開発、宣伝、販売する。

両者の大きな違いは、その目的や対象にあります。ブランディングはブランド全体、広くは会社全体の発展を目的として行われますが、マーケティングは基本的に特定の商品の売り上げを伸ばすための活動です。ブランディングとマーケティングの詳しい違いについては下記の記事で解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングとマーケティングはどちらが先か

ブランディングとマーケティングの違いが整理できたところで、ここからは、冒頭に書いた
「ブランディングとマーケティングは、どちらを先にすべきなのか」
について考えていきましょう。

上述の通り、ブランディングとは、ブランドの価値を人々に伝え、企業側が望む通りのブランドイメージを作り上げていく活動のことをいいます。

ブランドイメージは、人々がそれぞれの立場で受け取るものです。お客様が「低価格でも高品質」と感じればコストパフォーマンスの高いブランドというイメージが作られますし、「サービスがきめ細やかで丁寧」と感じればそのようなイメージになります。企業努力や広報活動によって、サステナブルなイメージを確立した企業もあるでしょう。

皆さんは、ファストファッションブランドが自社製の古着を店頭で集め、リサイクルしているのをご存知でしょうか。これは、ファストファッションブランドが「安いトレンドファッション」に加えて「サステナブルファッション」というイメージも定着させることに成功した事例です。もしも、経営層がサステナブル企業のイメージを作ろうとしているにもかかわらず、マーケティング担当が環境負荷のかかる商品を開発したり、それをPRしたりすれば、サステナブル企業のイメージは確立されないでしょう。それどころか、その矛盾した取り組みに対して人々が背を向けてしまう可能性もあります。だから、企業活動はブランドコンセプトに沿っている必要があるのです。冒頭で「マーケティングを含む全ての企業活動がブランドコンセプトという基盤の上で行われる」と述べたのは、これが理由です。

マーケティングがうまくいかない場合の改善策

では、マーケティングがうまくいかない場合はどうすれば良いのでしょうか。

ブランドを立ち上げた時に十分に市場調査を行ったつもりでも、実際に運用してみると机上で考えた通りにならなかったというのはよくある話です。ブランドコンセプトが時代に合わなくなることも珍しくはありません。

そのような場合には、ブランドコンセプトを無視してマーケティングを行うのではなく、ブランドコンセプトの変更、いわゆるリブランディングを行うのも一つの方法です。

これまで多くの有名企業がリブランディングを行い、社会状況に合わせたブランドの立て直しに成功してきました。ただし、リブランディングには成功事例だけでなく失敗事例も数多くあるため、慎重な検討が必要です。リブランディングについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

▶︎リブランディングとは?意味や進め方、成功するためのポイントを解説

まとめ

この記事では、ブランディングとマーケティングはどちらを先に行うべきかについて解説しました。

  • ● ブランディングとマーケティングの違い
  • ● ブランディングとマーケティングはどちらが先か
  • ● ーケティングがうまくいかない場合の改善策

企業活動のベースには、ブランドコンセプトがあります。マーケティングも、そのコンセプトに則って進めるのが理想です。長い目で見れば、ブランドイメージを確立することが会社の利益につながるからです。

ブランドコンセプトが決まっていない場合や、ブランドコンセプトが社会状況に合っていないと感じる場合には、まずブランドコンセプトや戦略の見直しから始めてみませんか。 グラビティーワン株式会社では、ブランド戦略についてのご相談を受け付けています。貴社のブランディングやリブランディング、ロゴデザイン、パッケージデザインなどを、15年にわたって一橋ICSで講義を務めた亀谷がお手伝いします。どうぞお気軽にお問合せください