事例のご紹介

戦略とデザインを一気通貫。
実績に裏打ちされた専門サービスをご提供しています。

お客様の声

お客様からいただいたメッセージです。弊社を知る参考にしてください。

01
我々は何者であるべきか。石垣を積み直し、120%が引き出された。
和田 博行株式会社キンレイ

経営理念が大事だと私は思う。キンレイが、大阪ガスの一員であった時からその大事さを理解していた。ブランディングをこれほど深く行ったのは初めてだったが、過去にも同じようなことを繰り返しやってきた経験がある。講師が講師然として、そういうのも必要だが、教わったことの大半は翌日には忘れてしまって社員の身につかないことも多々あった。ところが、手伝ってもらっている中で、我々と一緒になって考えてくれるグラビティーワンは違った。まるで身内のように寄り添ってくれた。

我々は何者であるべきか?

はじめる前、こういう話があって是非やりましょうと、当時の経営者に相談しました。というのも、ブランディングをはじめる前の数年間は、これまでに築きあげてきたモノがガタガタと石垣が崩れていくようで、他社よりも安いものをつくることが目的になってしまい、我々は何者なのかを見失っていたからです。史上最低の売り上げに直面していた時期でもあった。

引き出して発展につなげる

ブランディングを契機に、もう一度、我々は何者であるべきかを意思統一することができた。みんなが理解すると、ゼロからのスタートではなく、社員が持っていた良いモノに勢いが生まれた。同じ陣容であるにも関わらず、100%、それ以上の120%の力を発揮するようになり、いきなり業績が上向きはじめた。新しいことも教えてもらったが、持っているモノを引き出してもらったことが、飛躍的な発展につながったと思う。

ブランド価値を高める

創業当初の40年前、窒素ガスの凍結はアメリカで生まれた最新の技術だった。その頃の日本の冷凍食品は、チルドで余ったものを冷凍にすることもあって、安かろう悪かろうの時代だった。我々はそれに一線を画し、フレッシュな素材を-190度くらいで凍結して最上級の再現性をもつ食品をつくろうと志した会社だった。業界の仲間達と競い合うこと以上に、如何に良いモノつくってお客様にも流通様にも美味しさを感じて理解していただけるか、さすがキンレイだねと言われる商品をつくり続けていきたい。

冷凍食品が見直されてきた時流も追い風となって、すごく良い5年になった。そのポイントは再現性にあり、時代と上手く合っている感がある。お料理を半日置いて美味しいということは、あまりない。できたて、今すぐ食べるものが本当は美味しい。チルドでは難しい、つくりたての美味しさを再現しようという時代が冷凍食品に来ている。キンレイはお料理はもちろんだが、素材にもこだわり、立派な路面店と同じか、それ以上の時もある。こうしたあるべき姿へ邁進し、自社のブランド価値を生み出し、冷凍食品の価値も高める一翼を担っていきたいと思っている。

あまり見たことがない

グラビティーワンには、いままで通り、安易に我々に迎合せず、かといって商売として割り切らずに付き合って欲しいと思う。センスにしろ、考え方にしろ、いつまでもそういう風にお願いしたい。こんな会社は、あまり見たことがない。

02
社員一人ひとりが主役であることを自覚し、 実践する集団の核がつくれた。
生井 秀隆株式会社コンシスト

コンシストが社会の役に立つ企業に成長するためには、社員一人ひとりが責任感と誇りを持ち、皆で経営に参加する社風の醸成が大切だと感じ、社名変更を含むブランディングを決めた。担当の社員が様々な検索をし、見つけてきたのがグラビティーワンだった。面接をし、独りよがりではないブランド構築を提案され、ここだと感じた。想いが引き寄せた縁だった。

プロセスそのものがブランディング

ブランディングを行うには様々なやり方があると思う。いずれにしても社員が参画することは珍しく、またその必要性がない場合も多いだろう。しかし、グラビティーワンの提案は皆で検討する進め方だった。当時の社員数は50名弱だったが、全員を参画させるには少ない規模ではなかった。しかし、会社は社員一人ひとりが主役の場でなければ絶対に伸びないという私の意を酌み、全員参加型での開発をしてくれた。そのプロセス自体が、会社にとって善かったと思っている。

企業理念、社名、スローガン、ロゴの役割

我々の想いを形にした企業理念、社名、スローガン、ロゴはとても大切なものである。目に見えるものは無意識の内に「コンシストらしさ」を社員に刷り込む。だからこそ、どれもが一体となって繋がっていることを重視した。個々がバラバラだとスタートからおかしなことになってしまい、お客様にも社員にも混乱を生じさせてしまう。コンシストがブレることなく順調に成長できている大きな要因の一つである。

明確になったコンシストのスピリット

ブランディングから約10年、設立30周年を迎えるにあたり、我々がお客様に選ばれる理由を明文化した。欠かせないのは「とことん精神」である。お客様のためにとことん考え抜く、とことん追求する、とことんやりぬくという精神は、もともと企業理念と社名の検討プロセスで発見したものだった。コンシストが大切にしていることが、実務と企業文化に定着しているという実感だ。

個人として、企業人として、社会の一員としてやりがいのある場所に

自分がやりたいという気持ちで仕事をしないと、本人も面白くないし、社会も善くはならない。個人と社会のハッピーを繋ぐノブレス・オブリージュの姿勢だ。そこを担保出来れば会社は絶対に成長する。そのために、社会的使命が高まるICTの分野において、コンシストをなくてはならない会社にしたいとずっと思っている。それを一人ひとりが実現できる場所にしたい。

何役かは分からない、支えてくれる存在

成長し続けるためには、様々な場面でブランドのコミュニケーション活動が必要不可欠だと思う。コンシストとして船出をしてからも、グラビティーワンには助けてもらった。単に依頼内容に応えるのではなく、先取りして一緒に考えてくれる姿勢は非常に助かっていて、その時々の成長を大いに後押ししてくれた。パートナーという表現が最も近いだろうか?これからも、コンシストの何役かは分からないが、支えてくれる存在でいてほしい。

03
ブランドはお客様と私たちとの約束。 更なる成長への道をつくってくれた。
冨嶋 美栄 / 荒牧 亜希子株式会社JIMOS

グラビティーワンとのブランディングは、極限まで想いを発散させて「みんなで一緒につくった」という感覚です。ブランドの理念も、デザインも、企画もすべて自分たちのものですが、私たちだけでは達成できなかったと思っています。そして、ブランドとはお客様と一緒に育んでいくものだということを改めて認識した行程でもありました。
株式会社JIMOS マキアレイベル事業部 事業部長 冨嶋 美栄 様
製品・サービス企画チーム マネージャー 荒牧 亜希子 様

ちょっと離れている感じ

ブランディングを検討し始めたのは、マキアレイベルが誕生して20年を迎える前、ちょうど事業成長がひとつの踊り場に立っていた時期でした。ブランドイメージであったり、伝える言葉だったり、こう思っていただきたいというところからちょっと離れている感じがありました。本質を変える必要はないけれど、真ん中を見つける必要があると思い実施しました。

マキアレイベルって何者?

マキアレイベルの商品は一つ一つがお客様の声から生まれています。しかし、販売機会ではしばしばプッシュ型のコミュニケーションになることがありました。マキアレイベルは何者か、何を大切にしていているのかを明らかにすることで、お客様に共感いただける、もっと好きになっていただくといった真ん中を社内で再認識することができました。

理念である「あなたの輝きひらく鍵」を体現する

ブランディングをして変わったなと思うのは、どの部署も目に見えて理念を体現する組織になったことです。部署同士のコミュニケーションでも、これまでは気を遣って意見が言えなかったことがありましたが、共通の判断基準ができたことによって、気兼ねなく議論が出来るようになりました。みんなで理念をつくったことで前へ進んでいけるようになったことは、今後の大きな宝になると思います。

厳しくあたたかく、仲間としてサポートしてほしい

リブランドの上市から半年が経過しました。日々全力で取り組んでいますが、運用していく中でとても上手く行っていることもあれば、改善が必要なこともたくさんあります。現場視点でやっていると、時に偏ってしまったり、離れて行ってしまうこともあるので、グラビティーワンには、ブランディングの専門家として厳しくあたたかくアドバイスをいただきながら、これからもマキアレイベルの成長を支えていただくことを期待しています。

他の実績

業種と課題の異なる様々なお客様のブランディングをお手伝いしています。

  • 海外ブランドの価値を高める。日本独自の魅せ方を決めるローカライゼーション。
    ル・クルーゼ ジャポン株式会社様
    デザインマニュアル: ロゴの使用基準https://www.lecreuset.co.jp
    デザインマニュアル: ブランドカラー
    デザインマニュアル: 店内POPデザイン基準
    デザインマニュアル: 店舗サインのデザイン例
  • 体験を演出する、コンセプトとデザイン。テーマパークのブランディング。
    株式会社マザー牧場様
    ユニフォームなどhttp://www.motherfarm.co.jp
    パッケージデザインなど
  • クレジットカードと銀座のコラボ。「上品」と「華」の融合デザイン。
    シティカードジャパン株式会社様
    カードデザイン
    季刊誌(初回号の表紙・中表紙)
    季刊誌(表紙・中表紙)
  • ファンを集客する、海外キッチン家電のブランディング。
    デロンギ・ジャパン株式会社様
    カタログデザイン
    カタログ写真
  • 「本屋」ではなく、「ブックス・タマ」と名前で呼ばれる店にする。
    ブックスタマ様
    ロゴデザインhttp://www.bookstama.com
    店舗サインシステム
    ブックカバー
    店内サインシステム・POPデザインシステム
  • ブランドたまごの定番。認知強化のパッケージデザイン。
    イセ食品株式会社様
    ロゴデザインhttp://www.ise-egg.co.jp/moritama/index.html
    パッケージデザイン
    運搬車(お客様による展開)
  • 遊び心をくすぐる、クラフトビールのデザイン。
    キリンビール株式会社様
    パッケージデザインhttps://www.kirin.co.jp
    キャップ
  • 北から南まで、売れる地域ブランドのデザイン。
    まるほり野菜園様(北海道)、あまいろ様(奄美大島)
    パッケージデザイン(まるほり農園)https://www.maruhori-yasai.jp
    パッケージデザイン(あまいろ)http://amairo-amami.mond.jp
  • メイクの「楽しさ」を演出。メジャーにはできないデザイン。
    株式会社 トニーズコレクション様
    ロゴデザインhttp://www.tony-tanaka.co.jp
    パッケージデザイン
    カタログデザイン
  • 投資信託のメーカーとして、自社の強みを社内外に浸透させる。
    日興アセットマネジメント株式会社様
    スローガンロゴhttp://www.nikkoam.com
    社内ディスプレイ
    銀行・証券会社用トリセツ本
    各種営業資料
  • 日立グループから独立。社員を勇気づける、新会社のブランディング。
    ファスフォードテクノロジ株式会社様
    ロゴデザインhttp://www.fasford-tech.com
    冊子(会社案内)
    HP
  • 「フラット35」の金融会社。半官半民への移行を促すデザイン。
    住宅金融支援機構様
    ロゴhttps://www.jhf.go.jp
    デザインマニュアル
  • 日本人が大切にしてきた食材、海藻を未来へ繋ぐ。震災を超えて、使命を明らかにする事業ブランディング。
    理研ビタミン株式会社様、理研食品株式会社様
    パッケージデザインの展開ガイドラインhttp://www.tokimeki-kaisouya.jp
    工場サイン
    社内浸透用ポスター
  • 農業をITセンサーの力で活性化する。その道しるべとなる、ブランディングとデザイン。
    ニシム電子工業株式会社様
    ネーミング、ロゴデザインhttps://www.nishimu-products.jp/miharas
    デザインマニュアル
    パンフレットデザイン
  • 唯一無二の総合大学として、世界を舞台に躍進する。ブランディングとロゴデザイン。
    武蔵野大学様
    有明キャンパス正門サイン(武蔵野大学様製作)https://www.musashino-u.ac.jp/guide/profile/brand.html
    有明キャンパス学食サイン(進研アド様製作)
    ラッピングバス広告(進研アド様製作)
  • 大学の価値を高める、ビジョンとデザインの融合。
    学校法人 北海道科学大学様
    ロゴデザインhttps://ed.hus.ac.jp
    正門デザイン
    屋内広告
  • フォトエッチング技術による微細・精密ソリューション事業会社グループ。グローバル市場で闘うデザイン。
    ユナイテッド・プレシジョン・テクノロジーズ株式会社様
    ロゴとデザインマニュアルhttps://upt-co.com
    グループ会社へのデザイン展開
    ブランドイメージ
  • リケンのノンオイル セレクティ®。食卓に置きたくなるデザインに、フルリニューアル。
    理研ビタミン株式会社様
    パッケージデザインhttp://riken-selecty.jp
    流通様向けカタログデザイン
  • 天然水ウォーターサーバーのトップブランド。理念構築とロゴデザイン。
    株式会社コスモライフ様
    ロゴ(製品上の見栄えを検証し、デザイン)https://www.cosmolife.co.jp/cosmo.html
    デザインマニュアル
    ブランドイメージ
  • 戦略の重要性を啓発するポーター賞。独自性の高い日本企業を表彰するロゴデザイン。
    ポーター賞様
    マーク使用規定http://www.porterprize.org
    ポスター
    サイン、バックパネル、スライドショー
    受賞記念品
    賞状、賞状フォルダー
    バナースタンド