ブランディングに関するごきげんコラム

GravityOneのスピリッツを代表するキャラクター「おたぬき」がご提供するコラムです。

ごきげんコラム?
おたぬき?

年の始めのえべっさん!

2006/1/12

しょ~ばいはんじょでささもってこいっ♪(商売繁盛で笹もってこい!)
関西地区以外の方には馴染みがないかと思いますので、まずは簡単に説明を。
えべっさんとは関西の人が七福神の一神でいらっしゃる「えびすの神」に親しみを込めて付けたニックネームで、十日戎という関西を中心に「えびすの神」をお祭りする神社で行われる商売繁盛を祈願する行事の通称でもあります。毎年1月9日~11日を中心に実施され、いつのころから始まったかは定かではありませんが、商業文化の発達と共に大きくなり、江戸の頃にはすっかり定着していたそうで、日本三大戎のご本家の兵庫の西宮神社、大阪の今宮戎神社、京都のゑびす神社を中心に大層賑わっております。

さて、このえべっさん、関西生まれの商売たぬきのおたぬきは、物心がついたころより、えべっさんの中でも最もにぎやかな大阪の今宮戎神社にお世話になっております。ですので、お江戸にお商売の居を構えましてからも、はるばるやって参ります。

おたぬきのお参り手順は次の通り。まず去年の笹を返し、お参りをします(お賽銭はしっかりと!)。新しい笹をもらって、一番べっぴんさんの福娘さんに笹の縁起物を付けてもらいます。そして、えべっさんはお耳が遠いので、神社の裏へ回り大きな声でお願い事に念を押します。最後に日出大国社にお参りをします。
えびす神のお祭りなのに何故に大国神なのかと?その昔、こちらの神主さんに「大国様はえべっさんの父様やからよろしゅうゆーてたらええで」とお知恵をいただいたからなのですよ。ほほ。
ちなみにこちらの境内には大国さんに仕えるネズミがこま犬の代わりにいるのがなんともほほえましいです。

まあ説明はこの辺で。
えべっさんでも大国さんでも、何かを買うと「良いお参りで」とか「良いお納めで」必ず声が返ってきます。これはちょっと気持ちの良いことです。
私たちは、例えばお守りを買うのにお金を払います。が、その支払い相手はいかんせん神様です。ありがとうございますと言われるのも、ちと変な感じ。しかしながら、お金を出してるのにな~んにもないってのもなんだか寂しいもの。
「良いお参りでした」、そんな一言があると、良いお参りしたなと、すこぶる良い気持ちにさせられます。

ちょっとしたこと、でもこんなさり気ない気持ちいいコミュニケーションが、えべっさんが毎年繁盛する隠れた秘訣のではないかと思います。そしてこれを心がけることは、商売繁盛の良いヒントになるのではないかと思います。だって、仕事は人と人とのやり取り(コミュニケーション)があってこそですから。

謹賀新年

2006/1/4


あけましておめでとうございます。

皆様お健やかに佳き春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ